最近のトラックバック

3歳検診で・・・・

わが息子・・今日は気がのらなかった!!

保育士さんと喋るのがいまいち嫌だったみたいで・・

   でっ・・・後で聞いた話。。あの子は喋らないみたいだっと・・・自分の名前もいえない・・色も分かんないって!!

はっ。。。ッ保育士さんに言いましたよね。。

今日は喋らないみたいですねっ。。ッ他の事に気を取られて保育士さんと話ししないだけですと、、、

聞いてないいのか>>>あの人??

後でッ他の保育士さんがきちんと話も出来てますし、言う事も分かってるのに・・おかしいですねって!!

  今日の保育士さんはタイプじゃないってはっきりいわなんとわかんなのかなっ・?

母の言う事なんて聞いてないんだよね・・・

  

大人でも喋らないことがるでしょう。。。

それと同じ一人だけでそのこの性格決めないでほしいと思ったのでした・・・・・

ゆうきの病気

最近ゆうきのとこを病気で検索してくれるひとが多いので少しゆうきの病気を具体的に・・・

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ped-surg/CBA.html

ここは胆道閉鎖症のとこね。

http://ww3.tiki.ne.jp/~johtaro/

ここはウィリアムズ症候群のとこ!!

ゆうきだけじゃないけど世界・日本には難病で今現在戦ってる人がたくさんいるの・・・ふじふじは短い間だったけど戦ってきたよ!!

まだまだ世の中には知らないことがたくさんあるけど。

ゆうきを育てたお陰で今自分がいるし、子供もたくさん出来たし、幸せなことだと思うよ~。

きっとこの子がいなかったら今はないしね。。

負けないでね。頑張っていこうね!!

私も頑張るからさ~

はやてが絵本にはいちゃった!!

ブログの訪問に行ってきたら・・

まーめさんが作ってくれた絵本の中にはやてがはいちゃってた!!

ちょっびっくり。。。いつものようにコメ返しを見てて。。

はやての顔を書いてくれたんだっ。。嬉しいのでアップさせてもらいますhttp://blog.kansai.com/omusubi0401/446覗いてみて・・この可愛い絵本の男の子がはやてなんだって。。。コメのとこをよくみていてねっ・・

まーめさん嬉しいし・・はやてを使ってくれてありがとう!!

4人の子育て

鏡よ鏡・・・(王妃) 4人の子をもって。

楽しい事。。よく喧嘩することあと個性がみんな違って面白い!

今は14歳から9歳7歳2歳いるでしょう、男ばっかり。

でもこの子達結構静かであんまり騒動を起こす事がない!

最近いじめとかもあるんだけどそうゆうのもかかわる事なく過ぎている、でも学校に携わること14年これだけいると顔だけは広い、ましてや徹さんが5歳まで違うとこにいたためまた繋がりは多い。。

はやてさんが来年から保育園に行くとまたその世代のお友達も増えるんだろうなっ??

はやてさんが中学まで卒業するまでまだまだ・・・げっげげげ

幾つになったら楽になるんだろう???






怒る。。。

いい加減にしろ!!

喧嘩もするなぅt・・・

こちらがイライラするから!!

。。。。反抗期かっ・??

でも人にあたるな。。子供達に言いたい!

ありがとうねっ

ゆうき、ありがとうねっ!

・・・・・昨日の続き、夜中にゴボゴボッって、隣で寝てていきなり吐血そこは血の海に

看護師さんを呼び看護士さんも慌てる。先生が来る。

先生から外にもう駄目ですと言われて?昨日は大丈夫だっと言ったじゃないですか??急に?どして?

もうゆうきくん限界ですよ。あとはゆうきくんの気力です。

看護士さんが心臓のマッサージをずっとしてる・・先生も・・・

1時間以上してもらっていたかなあっ??みんな涙で顔がグチャグチャになりながら先生も看護士さんも・・

ゆうちゃん疲れた??お母さん達ともう帰ろうかって家に

ゆうきの12年前の話。。ゆうきの今日は天使さんになった日です!

・・・・・・・・・・・・・・・・ゆうちゃんありがとうねっ。ゆうちゃんがふじふじの子供でよかったよ!・・・・・・・・・・・・

ありがとうねっ。。。。。

ゆうきごめんねっ。

10日、朝から具合がよかった。

ゆうきがよく笑い、友達もきてたなっ~

でもあの子には大変なことだったんだっ・・・・

いつも病院になにをしに行ってるのか輸血、タンパク質の点滴、ビリルビンだったかな??この点滴を1週間置きに入れないといけなかった。

ゆうきは半分病室の主になっていた、天井でまわるメーリゴランドとか遊ぶ道具がたくさん置いてある、家が遠いため倉庫にゆうきの入院の道具を入れてあった・当たり前のように。

母も主になっていた、自分のとこに初めての入院をする母親たちが毎日のように相談に来ていたり、時には看護士さんの相談まで聞いていたり。そんな自分っを過信してた・・・

ゆうきは1歳半の中でたくさんのことを教えてくれた、みんなに生きていけることの大切さ生きる意味を・・

強い子でしたよ、点滴がなかなか入らないのに泣かない、いつも出てきたときは辛い顔をしていたけど。

私がっこの子がもてたことは神さまが今までの自分を反省するためにくれたんだっと思うことができた、話がそれてしまいましたが??

ゆうきは辛かったのに、話すことが出来なかったから・・・

10日の夕方。なんかゆうきの具合がおかしいことにきずいた。

呼吸が乱れていたり、急いで救急車を呼んでもらい、でもこの町の病院ではない、ここから名古屋まで運んでもらうことに、どうして町病院ではないかっ??ここではゆうきは治療が出来ないため自前にたのんであった、名古屋に運んでもらう事が。

異例であった・・・一番混んでる時間に向かった。2時間ぐらい掛かっただろうか??救急に運ばれ治療、それで一時は大丈夫と言う事に!

いつもの病室に運ばれた、安定してたように思う?

自分の過信のためゆうきの病状も考えずに・・・・

夕方から入院生活にもどる・・・

そこまで今日は書いておこう。

徹さんは。。。

旦那さんじゃないよ。・・徹さんは長男だよ。。

旦那さんは休まず仕事に・・GO~

G.W旦那さんは仕事です。。。

働け旦那さん・・・・でも無理しちゃ駄目よ。。。。

妖精

おばちゃんの入院で少し思い出して・・

ゆうきが入院してるときのこと書こうかなっ??

最初の入院で地元の病院に胆道閉鎖症といわれて、でも小さすぎるので名古屋に移されゆうきの体重が3キロになった時に初めてお腹を切った。

でも5時間お腹を開いただけで閉じてしまった!

そこからは4ヶ月の入院生活をすることになった、そこで出会った子供達を見てテレビの世界の中でこんな子達がって思う自分がいた。

沢山の親、いろんな病気の子!

自分だけではないと思い知らせれ・・自分が強くなっていった、ゆうきは小さい体で頑張って治療していたのでした、先生の中では生きてゆくことも奇跡だと言う方もいた。

喋る事笑うことも??でもまだそこでは病名ははっきり分かってはいません??

治療をしてゆくうちに調べると言われて、ただ胆道閉鎖症の治療をしていきました、先生に頼み月のうち何回かは家にもどることを許可してもらい、土、日だけ2週間に一度帰ることに。

その間は徹さんを義理母たちに任せて・・・その生活の中でいろんなことを教えてもらいました....続く

寂しい

学校が始まってからずっと泣きぱなし。。。

寂しいらしい・・

はやても早く保育園いけたら良いのにねっ!

おかあさんとじゃ駄目?